ドクターズサプリメント公式サイト
ドクターズサプリメントへようこそ

ドクターズサプリ」のチームは、日本国内ではなく全米でTOPなレベルの質と内容をお持ちしている稀なチームです。今日、日本の自然治療や代替治療の代表格のリーダーとして頑張っている栄養療法を使うドクターさんたちへ指導してすでに8年目に入るところです。実際に全米でTOPを行く自然療法を行う「出来る、出来ないのレベル」には本当に雲泥な差がある厳しい世界の内容です。日本へ初めて公式にドクターズサプリをお持ちした当チームのホリスティックプラクティショナーは、常に最大なチャンスを求めて自然療法と予防医学の内容を日本へお持ちしてまいりました。実際に現在、14年間が過ぎるところですが、日本国内でも素晴らしい自然療法を利用している医師の成長過程を見届けております。

当チームの強みは女性&男性のホルモン治療、認知症の治療と予防管理アドレナルファティーグ&副腎疲労若年性更年期障害機能性胃腸障害(治らないカンジダ治療、逆流性食道炎、低胃酸症、GERD、リーキーガット、ピロリ菌の自然治療等)、重金属デトックス、自閉症治療などが中心です。グルタチオンサプリデトックスメチレーション、危険な点滴キレーションを使わない、近年最も重要視されている「自然キレーション」に使えるドクターズ質のサプリからアンチエイジングスキンケア(Naturopathica ナチュロパシカ )までをご紹介しております。どうぞ自信を持ってご質問くださいませ。


ドクターズサプリとは、アメリカの医師や自然療法の医学博士の科学者やレベル高いアンチエイジング&全米Topの自然療法利用する医師たちが、科学的な根拠をもとに厳選した適切な栄養素(機能&吸収性出来る設計を持つサプリ)です。効能ある研究をもとに設計された機能性食品を「ドクターズサプリメント」と呼びます。当チームの代表の研究内容、質を知り他社と比較ください。*アメリカからセカンドオピニオンやコンサルを他社でお申し込みされ、不安がある場合にはどうぞご連絡ください。其々のカンファレンスにバックアップで立ち会うことも十分に可能です。

ドクターズサプリでも近来はレベル(質)が大きく異なります。汚染社会の影響、経済の動き、世界環境は変化多しです。その為に、メチレーション元気に代謝しなくてはいけない事。質の良い栄養素をサプリの(現在のコモディティー化になりつつある、原料が安い抗生物質やホルモン剤を含まないもの)研究を根拠に製造されているドクターズブランドだけを使いたいものです。当チームの優れたドクターズサプリとは、強力乳酸菌重金属解毒サプリメント水銀デトックス リポソームビタミンCリポソームグルタチオンメディカルフード5mthf(活性化葉酸)などです。
サプリ人気商品
    
ルゴール、ヨウ素複合体サプリメントログイン
アメリカ予防サプリメントの最新情報を受ける Shizen.meの被曝、がん予防サプリメント新規会員登録
乳酸菌サプリメント
カンジダ保護
デトックス肝臓
腸内デトックス
副腎疲労保護
グルタチオン・リポ

ミトコンドリア ATP
胃腸消化サプリ
マグネシウムサプリ
ビタミンBサプリ高成分
L-5MTHF 葉酸
デトックス肝臓基本
自然キレーション

脳サプリメント
CoQ10-活性化
デトックスサプリ
抗ウイルス保護
オメガ3オイル高機能
ビタミンD3&K 高機能
ハーブサプリ

Dr.ベンリンチ サプリ
睡眠サプリメント
エレクトロライト
RNAサプリメント
ASDサポート
セラピフード

ホスファチジルコリン
キレーション準備サプリ
関節痛保護サプリ
リポソームクリーム  皮膚浸透サプリメント
古来トレースミネラル

猫サプリメント
クルクミン吸収性
重金属デトックス
トレースミネラル
リポソームビタミン
デザインフォーヘルス
ビタミンフード

コロンデトックス
メチル化 サプリ
赤ビーツ
Nアセチル-システイン NAC/Rアルファリポ酸

リーキーガット
寄生虫 パラサイト
グルタミン酸
システミックエンザイム
レスベラトロールサプリ
血糖値サポート

DEHA 優勢設計
消化酵素
オーガニックハーブティー
アシュワガンダ
抗加齢医学レッスン
甲状 ケア
コレステ・LDL

ドクターズサプリTop10
心臓 ハートサポート
ステビア無添加
疲労サプリメント
エネルギーサプリメント
デンタルケア

おなかケア
APEXエネルギー
パンクレアチン酵素
無添加グラノーラ
酵素サプリメント
植物性酵素
プロテアーズ酵素
ダイエット l Diet  

アスリートサプリ
プロテイン
スポーツサポート
アミノ酸トレーニング用
アミノ酸・ピュア
アミノ酸 l BCAA l
持続性サプリメント
トレーニングサプリ
Dr.エーメン・ダニエル
ストレスケア

スーパーフード
ホールフーズビタミン
ココナッツ
ローフード Raw Foods
スーパーフードパウダー
GI低い低糖シュガー
メタボ対策

メタジェニックス
ピュアエンキャプ
Xymogenザイモジェン
ヴァイタルニュートリエンツ
毎日サプリメント
ビタミン A.B.C.D.E
女性サプリメント 
男性サプリメント
マルチビタミン
ソーパルメット
月見草オイル・ピュア
CAN サポート
アルカリ性 pHバランス

エストロバランス
免疫サポート
PMS
子供サプリメント
炎症くん
ヘルペスサポート
ヒトパピ
血液サポート

便秘サポート
アレ・呼吸サポート
お風邪シーズン
ホメオパシー
スキン・サポート
花粉ケア
bt

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

1歩レベル高いサプリメント

ドクターズサプリ公式サイト
ウェルネス
アスリートパフォーマンスを向上サポート
脳サポート
エグゼクティブサポート
アスリートの水分補給
アメリカトップクラスの医師、セカンドオピニオン
サプリメントでも持続性設計のアクティベートビタミンB、マグネシウムなど原料、設計、1つの栄養補助分に対して高成分を求めます。 チームリーダー


プログレードサプリメント

Sitemap
睡眠サプリメント
ドクターズサプリメントの利点
ドクターズサプリの見分け方
メタジェニックスのサプリメント
About us
デトックスサプリメント
グルタチオンサプリメント
タチオンサプリメント
高機能グルタチオンサプリメント
RLC Labs 社は、アメリカの甲状腺サプリメント社 トップ
ミトコンドリアサプリ l ATPサプリメント
マグネシウムサプリメント
メチル葉酸塩サプリメント l 活性化葉酸
5MTHF l 5-メチルテトラヒドロ葉酸
メチレーション
オクシトーシン l オクシトーシンサプリメント
エボラ l エボラ出血熱
エボラ・ウイルスとは?
エボラウイルス 発症について
エボラ 予防サプリメント
エボラ サプリメント lエボラ予防について
エボラサプリメント l エボラ予防サプリ
エボラサプリメント l エボラ予防サプリ
Dr. ハル・ハギンズ 
グルタチオンの効能
グルタチオンサプリメントの種類 l グルタチオンサプリを知る
還元型グルタチオンサプリメント l ドクターズサプリメント
リポソームグルタチオン
グルタチオンクリーム
猫腎臓サプリメント
メルマガ登録・解除はこちら

ドクターズサプリメント通販サイト

エボラの治療薬 残念ながら、エボラのための、FDAが承認したワクチンや特効薬(例えば、抗ウイルス薬)は、まだありません。確立された治療法もなく、脱水症状などの、現れたエボラ出血熱の症状によって、対処療法をすることしかできません。病気の早期に、次の基本的な治療がされた場合には、感染者の生存の可能性を大幅に向上させることができます。 ? 脱水に対して点滴(IV)をほどこし、体内の電解質のバランスをとり、鎮痛剤およびビタミン剤の投与 ? 酸素状態および血圧を維持する ? 輸血する ? 他の感染症が発生した場合、治療する エボラのための実験的なワクチンや治療法はまだ開発中の段階で、これらはまだ安全性や有効性のテストがされていません。世界保健機関(WHO)によれば、エボラ出血熱を防ぐための認可ワクチンはありませんが、2つの潜在的なワクチンは、現在人体に対する安全性テストがされており、有望だと見なされてます。 エボラから回復できるかどうかは、良い対処療法と患者自身の免疫応答によります。 エボラウイルス出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、少なくとも10年間もしくはそれ以上は、エボラにかからなくなります。しかし、エボラ出血熱から生き残った人々が、生涯に渡って免疫があるのか、もしくは元患者たちがエボラの異なる種に再び感染するかどうかは、まだ明らかではありません。 このようにエボラ出血熱から生還した人々には抗体ができるので、元患者の血液または血清を使った治療が一番希望が持てると、WHO(世界保健機構)は発表してます。抗体のある人の血清を輸血すると、8人中7人が治るそうです。アトランタで、最初に西アフリカから搬送されてきたアメリカ人のブラントリー医師が血清を寄付して、ダラスの看護師を含めその他数人が助かりました。しかしこの血清は、血液型が合わないと使えません。 先ごろ、西アフリカで感染したブラントリー医師さんを含む2人のアメリカ人医師に、マップ・バイオファーマシューティカル社が中心となって開発した「Zマップ」という実験段階の新薬(実験用の血清)が投与されました。Zmappは在庫が無くなったので生産をふやすように製造元が四苦八苦している最中です。その他にカナダ製薬会社「テクミラ・ファーマシューティカルズ」の、エボラ出血熱治験薬「TKMエボラ」などもアメリカで患者に投与されました。 エボラ新薬としてかなり期待されているのが、富士フイルムグループの富山化学工業が、インフルエンザ治療薬として開発した「ファビピラビル」です。これが投与されフランス人が助かりましたが、まだ未認証薬です。 ただし、あちこちで開発されてる薬も、インフルエンザ・ウィルスと同じく、エボラも型が違えば効かなかったりする可能性もあります。 また、エボラから生き延びた一部の人は、関節や視界の障害など、長期的に渡る合併症を引き起こしています。 エボラの予防 エボラのためのFDA承認ワクチンはまだ出来ていません。あなたは、エボラが大流行している西アフリカなどの地域に旅行、出張したり、ボランティア活動に参加する場合、もしくはアメリカのテキサス州のようなエボラの影響を受けるかもしれない地域に住んでいる場合は、次の予防措置をとって下さい! 1. 慎重に衛生状態を保って下さい。例えば、石鹸と水、もしくはアルコール系の消毒剤で手を良く洗うこと。血液や体液との接触をできるだけ避けて。 2. 衣類、タオル、寝具、および注射針のような医療器具など、患者の血液や体液に接触した可能性が高いアイテムを洗濯したりしないで、処分して下さい。 3. コウモリおよび人間以外のサル、類人猿のような霊長類の血液、体液、およびこれらの動物の生肉に触れないこと。 4. エボラ患者が治療されている西アフリカの病院を避けること。残念ながらこれらの病院は、殺人ウイルスの温床と化してしまっています。 5. あなたがエボラに感染した可能性がある場合は、21日間は健康を監視し、エボラの症状を発症したら、直ちに医師の診察を受けて下さい。 リベリアからのエボラウイルスに感染した旅行者を受け入れた、アメリカ、テキサス州、ダラスの病院、Texas Health Presbyterian Hospitalで2人の看護師が感染してしまいました。オバマ米大統領は、エボラ封じ込めのため3000人の米軍兵士を西アフリカに派遣し、医療支援を行うそうです。 エボラ_サプリメント 結論を言えば、「FDA承認のエボラを予防するワクチンも、エボラを治療する特効薬も、まだ出来てません」ということです。生き残れるか否は、私たちのウイルス感染に対する初期または先天性免疫応答に依存しているのです。 エボラ・ウイルスから私たちを守るためにできることの一つは、ビタミンC、ビタミンD3、セレニウム、lactofloreneなどをサプリメントで摂取することにより、私たち自身の免疫システムを高め強化することぐらいです。 私たち自身の免疫システムを高め強化するサプリメントを次に挙げます、 1. ビタミンC ビタミンCは、壊血病、ポリオ、肝炎、麻疹、流行性耳下腺炎、破傷風などの疾患や感染症を予防したり癒すことが示されている栄養素です。またビタミンCはウイルスに対して効能があると言われています。エボラ出血熱の臨床症状も、毛細血管の脆弱性と簡単に出血してしまう特徴も、壊血病に似ています。壊血病はビタミンCの不足により毛細血管がもろくなり、出血しやすくなる病気です。壊血病の古典的な形においては、体内に蓄えられているビタミンCが段階的に枯渇してゆき、体内のビタミンCが完全に消耗されて大出血が起きる前に、低下した免疫システムはウイルスに屈してしまい、患者の生命を脅かします。 2. セレニウム セレニウムは高い抗酸化作用があるといわれるサプリメントで、西アフリカの医療現場では、エイズウイルス(HIV)感染者に処方する薬の一部と一緒にエボラ患者に投与されています。ウイルスの宿主となった動物や人間は、セレニウム(セレン)が欠乏している場合は、ウイルスに対する正常な免疫防御が妨げられてしまいます。エボラウイルスの宿主におけるセレン欠乏は、実際にウイルス複製を助長する可能性があるとされています。さらにエボラ・ウイルスは、体内のセレニウムをひどく消耗し続け、脂質過酸化および細胞膜の破壊へとつながってゆきます。 3. オリーヴリーフ・エキストラクト オリーブの葉は風邪、インフルエンザや他のウイルスに対する自然薬として何千年もの間使用されてきました。 4. ニンニクとショウガ ニンニクと生姜は、多くの種類のウイルスを殺す能力について、何千年もの間語り継がれ使われてきました。ぜひ料理に加えて使って下さい。 5. ガルシニアコーラ このアフリカに生える熱帯植物は、最も強力な毒蛇の解毒剤であり、また、心臓、肝臓などの臓器を調節する能力があります。ガルシニアコーラの種は、すべての種類の毒を中和するために使われています。アフリカではマラリア患者にも使われています。1990年代の植物ガルシニアコーラの予備的研究では、それがウイルスの増殖を遅くすることでエボラの感染者に有益な効果をもたらす可能性を示しました。 http://www.cdc.gov/vhf/ebola/about.html http://www.cdc.gov/vhf/ebola/about.html http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs103/en/ http://www.webmd.com/a-to-z-guides/ebola-fever-virus-infection http://en.wikipedia.org/wiki/Ebola_virus_disease http://news.yahoo.com/u-maker-experimental-ebola-drug-zmapp-seeks-boost-181759396--finance.html http://the-tap.blogspot.com/2014/08/survive-ebola-with-vitamin-c-and.html http://www.drpasswater.com/nutrition_library/selenium_aids.html http://martinslibrary.blogspot.com/2014/08/bitter-kola-and-honey-can-kill-ebola.html http://associationsnow.com/2014/10/dietary-supplement-ebola-prevention/ http://beforeitsnews.com/health/2014/08/are-there-natural-cures-for-ebola-top-antiviral-candidates-2547000.html http://the-tap.blogspot.com/2014/08/survive-ebola-with-vitamin-c-and.html http://www.homeoherbalmedicine.com/herbal-treatment-of-ebola-virus-disease/ http://radiomd.com/show/healthy-talk/item/22716-ask-dr-mike エボラとは? エボラ出血熱として知られているエボラは、エボラウイルス株のひとつの感染によって引き起こされる、とてもまれで致命的な病気です。エボラは、ヒトおよびヒト以外の霊長類(サル、ゴリラ、チンパンジー)が病気を引き起こす可能性があります。 2013年12月頃から、ギニアをはじめとする西アフリカにて、エボラ出血熱が爆発的に流行し、2014年10月15日日までのWHOのまとめでは、感染疑い例も含め8,998名が感染し、4,493名が死亡(死亡率50%)しました。「2014年西アフリカエボラ出血熱流行」は西アフリカの複数の国に影響を与え、歴史の中で最大、最悪のものです。 ナイジェリア、セネガルでも、少ない症例が報告されました。過去には致死率は90%にも及ぶことがありましたが、現在、西アフリカでの死亡率は50%で早期治療が功を奏するのではないか、と言われています。 西アフリカ諸国以外でエボラウイルス感染者が出たのは、今の所、スペイン、フランスとアメリカです。今年8月、聖ヨハネ病院修道会のパハレス神父がリベリアで宣教活動中にエボラに感染しました。彼はスペインのマドリードの病院に搬送され、アメリカの医療関係者に投与された治療薬ジーマップを投与されましたが、病院で死亡が確認されました。パハレス神父の同僚の神父も死亡、この死亡した2人の宣教師の看護をしていた、看護助手のテレサ・ロメロ・ラモスさんもエボラ出血熱に感染しました。スペイン当局は10月16日、エボラ出血熱が疑われる症状が新たに4人に確認されたと発表しました。一方、フランスのメディアは、エボラ熱に感染した「国境なき医師団」のフランス人ボランティアと接触した看護師1人が、2次感染した疑いでパリ近郊の病院に入院したと伝えました。 キリスト教救援団体サマリタン・パースのモンロビアの治療センターの医療局長として活動中だったアメリカ人医師、ケント・ブラントリーとその同僚1人が同時に感染し、今年8月にエモリ−大学病院へと運ばれました。2014年8月21日、ブラントリー医師と同僚1人は、治療薬ジーマップを投与され、エボラウィルスから回復し、エモリー大学病院を退院しました。9月20日、エボラ熱が猛威を振るっている西アフリカのリベリアから、ブリュッセル経由でテキサス州に到着し、その数日後にダラスで発症し、米国内で初めてエボラ出血熱の感染が確認されたリベリア人のトーマス・エリック・ダンカン氏が10月8日、入院先のテキサス州の病院で死亡し、彼を担当していた看護師2人が感染しました。 エボラ・ウイルスとは? エボラはフィロウイルス科、エボラウイルス属のウイルスの感染によって引き起こされます。5つの識別されているエボラウイルス種の中で、人間に病気を引き起こすことが知られている4つのエボラウイルス種があります:エボラウイルス(ザイール・エボラウイルス)、スーダン・ウイルス(スーダン・エボラウイルス); タイフォレスト・ウイルス(タイフォレスト・エボラウイルス)、Bundibugyo ウイルス(Bundibugyo エボラ・ウイルス)です。五番目のレストン・ウイルス(レストン・エボラウイルス)は、人間ではなく、人間以外の霊長類に病気を引き起こします。 エボラ感染のいきさつ エボラウイルスを保有している天然宿主がまだ明らかになっていないので、この殺人ウイルスがどのように人間にうつされたかは、わかっていません。研究者たちは、最初の患者は、感染した動物との接触によって感染したのだ、と考えています。 2005年12月1日付の英科学誌「ネイチャー」にて、ガボンのフランスビル国際医学研究センターなどのチームの調査によると、 オオコウモリ科のウマヅラコウモリ、コクビワ・フルーツコウモリ等が、エボラウイルスの天然の宿主と推定され、現地のフルーツ・バットなどの食用コウモリからの感染が研究論文で発表されています。 人々の間で感染が起こった場合、この殺人ウイルスは、他のいくつかの方法で広がることができます。エボラは、例えば、目、鼻、口、や、皮膚の傷口や内粘膜から、患者の血液や体液、医療器具、感染動物に直接接触することによって、感染して広がってゆきます。 ? エボラにかかっている人の血液や体液(尿、唾液、汗、便、嘔吐物、母乳、精液など) ? ウイルスに汚染されている、針や注射器のようなもの ? コウモリやサルなどの感染動物 患者の死に際が一番感染力が高く、その人の出血、嘔吐が、私たちの皮膚の傷口、目、鼻や口から入れば別ですが、感染初期の人が近くにいるだけでは感染しないでしょう。しかし、死亡した患者からは感染してしまいます。エボラが猛威を振るっている西アフリカの一部の地方では、遺体を洗って土葬するという習慣があります。遺体の処理も気を付けないとそこからも感染の恐れがあります。 エボラウイルスの感染力は強いものの、基本的に、一部のインフルエンザのように空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ大丈夫と考えられています。エボラは、また、水によって、食品によって感染しません。しかし、西アフリカでは、エボラは、感染したサルなどの野生動物の肉(食用に狩猟された野生動物)を食べたり、感染したコウモリとの接触によって拡散されているかもしれません。エボラに感染したゴリラやチンパンジーの死体からも感染する可能性があるそうです。 蚊やその他の昆虫がエボラウイルスをまき散らすという証拠はありません。エボラウイルスは、例えば、ヒト、サル、類人猿、コウモリなどの哺乳動物にだけに感染し、広がることができると分かっています。 アフリカでのように、患者を自宅で介護している家族や友人は、密接にエボラ患者に接するので、感染した血液や体液に接触するかもしれず、エボラ出血熱にかかってしまうリスクが最も高いです。 エボラが大流行している時は、この殺人ウイルスは、例えば、診療所や病院などの医療環境内で急速に拡散することができます。医療現場では、マスク、目の保護をするゴーグル、ガウン、手袋など、適切な防護服を着用していない病院スタッフが、エボラウイルスに曝露してしまいます。 エボラの発症 おもなエボラの症状は以下の通りです ? 発熱(38.6℃以上) ? 激しい頭痛 ? 筋肉痛 ? 食欲不振 ? 下痢 ? 嘔吐 ? 腹(胃)痛 ? 脱水 ? 原因不明の内・外出血(出血やあざ) エボラ・ウイルスにさらされてから発病するまでの潜伏期間は、通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)です。進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、血を止めるための血小板を破壊、内臓や皮膚の細胞も破壊されてゆきます。 最終的には、全身の毛細血管から血液が漏れ出し、大量出血のため、感染者たちはショック死してしまいます。 エボラの治療薬 残念ながら、エボラのための、FDAが承認したワクチンや特効薬(例えば、抗ウイルス薬)は、まだありません。確立された治療法もなく、脱水症状などの、現れたエボラ出血熱の症状によって、対処療法をすることしかできません。病気の早期に、次の基本的な治療がされた場合には、感染者の生存の可能性を大幅に向上させることができます。 ? 脱水に対して点滴(IV)をほどこし、体内の電解質のバランスをとり、鎮痛剤およびビタミン剤の投与 ? 酸素状態および血圧を維持する ? 輸血する ? 他の感染症が発生した場合、治療する エボラのための実験的なワクチンや治療法はまだ開発中の段階で、これらはまだ安全性や有効性のテストがされていません。世界保健機関(WHO)によれば、エボラ出血熱を防ぐための認可ワクチンはありませんが、2つの潜在的なワクチンは、現在人体に対する安全性テストがされており、有望だと見なされてます。 エボラから回復できるかどうかは、良い対処療法と患者自身の免疫応答によります。 エボラウイルス出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、少なくとも10年間もしくはそれ以上は、エボラにかからなくなります。しかし、エボラ出血熱から生き残った人々が、生涯に渡って免疫があるのか、もしくは元患者たちがエボラの異なる種に再び感染するかどうかは、まだ明らかではありません。 このようにエボラ出血熱から生還した人々には抗体ができるので、元患者の血液または血清を使った治療が一番希望が持てると、WHO(世界保健機構)は発表してます。抗体のある人の血清を輸血すると、8人中7人が治るそうです。アトランタで、最初に西アフリカから搬送されてきたアメリカ人のブラントリー医師が血清を寄付して、ダラスの看護師を含めその他数人が助かりました。しかしこの血清は、血液型が合わないと使えません。 先ごろ、西アフリカで感染したブラントリー医師さんを含む2人のアメリカ人医師に、マップ・バイオファーマシューティカル社が中心となって開発した「Zマップ」という実験段階の新薬(実験用の血清)が投与されました。Zmappは在庫が無くなったので生産をふやすように製造元が四苦八苦している最中です。その他にカナダ製薬会社「テクミラ・ファーマシューティカルズ」の、エボラ出血熱治験薬「TKMエボラ」などもアメリカで患者に投与されました。 エボラ新薬としてかなり期待されているのが、富士フイルムグループの富山化学工業が、インフルエンザ治療薬として開発した「ファビピラビル」です。これが投与されフランス人が助かりましたが、まだ未認証薬です。 ただし、あちこちで開発されてる薬も、インフルエンザ・ウィルスと同じく、エボラも型が違えば効かなかったりする可能性もあります。 また、エボラから生き延びた一部の人は、関節や視界の障害など、長期的に渡る合併症を引き起こしています。